肌を白くする薬 皮膚科

皮膚科に行けば肌を白くする薬がもらえる?

肌のシミやくすみがひどくてどうしようもないとき、
自分ではあらゆる手を尽くしてしまって八方塞がりのとき、
あなたならどうしますか?

 

最後の砦、と藁にもすがる思いで皮膚科のドアを
たたく人もいるでしょう。

 

もちろんシミやくすみは『肌・皮膚』のことですから、
皮膚科へ行くことは間違いではありません。

 

では、肌を白くしたくて皮膚科へ行くと、
どのような処置をしてもらえるのでしょうか。

 

まず、古い角質がたまっていることが原因で
肌がくすんでしまっているときは、
『酸』の力を用いたケミカルピーリングが行われると思います。

 

肌表面の角質はタンパク質ですから、酸を使って溶かすのです。

 

他にも、強い漂白作用のある『ハイドロキノン』のクリームを
処方してもらえることもあります。

 

ハイドロキノンは、美白効果が高い反面、
副作用も認められています。

 

使うときには医師の説明をよく聞き、
低濃度のものから始めてみてください。

 

トランサミンは、肝斑(かんぱん)や
色素沈着によるくすみに効果を発揮します。

 

ただ、これらの薬や処置は美容皮膚科でなく
普通の皮膚科であっても、保健適用外であることがほとんどです。

 

基本的に、病気でないものには健康保険は適用されないのです。
ですから、診察代や薬代はすべて全額自己負担になります。

 

そのことを踏まえて、皮膚科へ行くことをおすすめします。

 

また、下記に『ハイドロキノン』配合の化粧品を
紹介していますから、参考にしてみてください。


皮膚科でもらう薬「ハイドロキノン」配合の肌を白くする化粧品はどれ?

透き通るような白い肌は、女性の憧れですよね。

色素沈着やしみ、くすんでしまったお肌は老けて見えますし、
相手に疲れた印象を与えてしまいます。

肌を白くしたいな、と思ったとき、
一番最初に思い付くのは『美白化粧品』の使用だと思います。

最近では、実にたくさんの種類の美白化粧品が売られていますよね。
どれを選べば良いのか迷ってしまうと思います。

色素沈着やくすみのあるお肌をキレイな白い肌にするのは、とても大変です。

今以上の色素沈着を防ぎ、なおかつ規則正しい生活や
適度な運動などで新陳代謝を促進する必要があります。

では、『簡単に』肌を白くする方法はあるのでしょうか。
基本的に肌を白くする方法には、即効性のないものがほとんどです。

その中でも比較的早く効果が出て、
なおかつ手間がかからないものを紹介しますね。

それはずばり『ハイドロキノン』という成分です。
聞いたことがある人もいるのではないのでしょうか。

ハイドロキノンは『肌の漂白剤』とも呼ばれています。
強い漂白作用があるため、簡単に肌を白くすることができます。

しかしハイドロキノンは肌を白くする効果は非常に高いのですが、
とても強い成分であるため、
肌の弱い人や敏感肌の人には刺激となってしまう可能性があります。

ハイドロキノンはその成分の強さから、
皮膚科など限られた場所でしか手にいれることは出来ません。

化粧品に関しては、低濃度のものが売られています。

口コミで評判の良いものだと、
『ビーグレン』にハイドロキノンが配合されています。



初めて使うときは、サンプルやトライアルセットなどで
試してみると失敗しなくて済むでしょう。

返金保証があるものであれば、肌に合わない化粧品を
買って失敗したという心配もなくなります。

その点、ビーグレンは365日返金保証付なので
1年間たっぷり試せます。

口コミでも「想像以上の美白効果にビックリ!」という
リピーターの多い美白化粧品なんですよ。

もし肌を白くしたいと思っているのでしたら
トライアルセットでその効果を試してみてはいかがでしょうか?