汗臭い 対策

体臭は雑菌が繁殖するために起こる?

本来、汗は無臭です。サウナやお風呂で汗をかいても臭くはないですよね。
それと同じで、汗そのものは臭いはありません。

 

しかし、夏など汗をかくと臭いが発生します。

 

汗に臭いがないのなら、なぜ臭いが発生するのでしょうか。
それは、汗を大好物にしている雑菌が繁殖するためです。

 

汗そのものに臭いがなくても、この雑菌が臭い分子を出してしまうのです。
このような雑菌は、汗や垢、皮脂が豊富な高温多湿の場所を好みます。

 

このような場所では、雑菌はあっという間に大量に繁殖してしまいます。
つまり、汗の臭いの対策は、この『雑菌対策』をすれば良いのです。

 

汗をかいて臭いがする場所、すなわち雑菌が繁殖しやすい場所は、
脇・股・足などです。

 

脇は肌が重なっていますし、
股や足は下着や靴下などで蒸れてジメジメしやすいですよね。

 

雑菌を繁殖させないためには、汗を抑える必要があります。

 

汗がなければ、基本的に『エサ』がないため雑菌は繁殖出来ないのです。
汗を抑えるためには、抗菌作用のある制汗スプレーなどがおすすめです。

 

ただ臭いを抑えるだけのものではなく、抗菌作用のあるものを選んでください。

 

汗をかいてから臭いを発するようになるまでの時間は、
およそ1時間ほどだと言われています。

 

ですから、汗をかいたらすぐにシャワーで流したり、
塗れタオルでまめに拭くことも臭い対策としては効果的です。

 

洋服が汗を染み込んでしまうとヨウフクガ臭いの元となるので、
服に染み込ませないようにすることも大切ですね。

 

脇などは使い捨ての脇汗パッドを使用したり、
吸水性のよい肌着を着るようにしましょう。

それでも汗の臭いが思うように解消しないなら
汗を抑える根本の原因をつきとめましょう。

 

多汗症の解消方法を下記に紹介していますから
参考にしてみてください。


汗の臭いや多汗症の原因とは?

『汗をかく』という行為は、人間なら誰にでもあるものです。
体温調節のために汗をかくのは当たり前のことですよね。

しかし、中には人よりも汗が多い、自分は汗っかきだと言うような人がいます。
また汗が大量に出ることで、体臭が悩みの人もいるでしょう。

確かに、汗の量には個人差があります。
一般的に『汗っかき』と呼ばれる人の原因とは、一体何なのでしょうか。

本来汗は、体温調節の働きがあります。
汗を出すことで体温を下げているのです。

しかし、体温調節以外にも様々な原因によって汗は出ます。

たとえば辛いものなどの刺激物を食べたとき、
額や鼻の頭に汗をかくことがありますよね。

これは『味覚性発汗』と呼ばれています。

また、人前で発表するときや緊張したときなどに、
脇の下や手に汗をかくこともあります。

これを『精神的発汗』と呼んでいます。

体温調節以外で汗がたくさん出るのは、
この『精神的発汗』であることが多いです。

精神的発汗には、ストレスが多いに関係しているそうです。

また、痩せている人よりも肥満の人の方が汗が多いと言われています。

肥満の人は体温の上昇が激しいため、
体温を下げるために汗がたくさん出る、というわけです。

ですから、肥満でなおかつ汗っかきで困っているという人は、
適切なダイエットをして肥満を解消すると汗っかきも解消されることが多いですよ。


しかし、あなたが特に太っていないのにも関わらず
汗っかきで、体臭で悩んでいるのなら、

制汗剤を使って表面的に抑えても
一時的なものになってしまうでしょう。

そのような商品に頼って、一時的に抑えられたとしても
根本の原因を改善することはできないからです。

それよりも根本的な原因をつきとめ、
この機会に多汗症・体臭を克服してはどうでしょうか?

久保田式多汗症改善7日プログラムというものがあり、
遅くても2週間で効果を実感できると口コミでも評判があります。

もちろん個人差はあるかもしれませんが、

個人それぞれの原因をつきとめて、その原因に合った対策方法を
教えてもらえるので、効果を感じやすいんですよ。

もし教えてもらったことを実践しても
多汗症が改善しない場合は、返金してもらえるので安心です。


これならあなたもリスクフリーで試すことが
できるのではないでしょうか。