日焼け後 肌を白くする方法

日焼け後の正しいスキンケア方法とは?

ついうっかり紫外線対策を忘れてしまった、
日焼け止めを塗ったのに日焼けしてしまった、ということは、
誰にでも経験があると思います。

 

もし、ついうっかり日焼けをしてしまったら、
どのようにしたら良いのでしょうか。

 

まず、日焼けをしたということは
『紫外線をたくさん浴びてしまった』ということです。

 

紫外線をお肌にとって有害な物質だと認識したお肌は、
肌を守るためにメラニン色素をたくさん作り出すのです。

 

日焼けは、メラニン色素の過剰生成によって起こるのです。

 

ですから、日焼け後のケアは『新たなメラニン色素の生成を抑制する』
ことと『黒くなったメラニン色素を還元して白く戻す』ことに
重点を起きましょう。

 

そして、日焼け後のケアは『スピード勝負』です。

 

日焼けをしてから、いかに早くからケアを始めるかが
今後の命運を分けると言っても過言ではありません。

 

日焼けして肌が赤く火照っているときには、
美白化粧水をたっぷり染み込ませたコットンでパックをすると良いです。

 

火照りがなくなるまで続けましょう。

 

赤くなったときには『冷やす』と『保湿』がとても大切なのです。

 

メラニン色素の生成を抑制する効果のある、
ビタミンC誘導体やアルブチン配合の化粧水を使うと良いと思います。

 

日焼け後には意外と忘れがちですが、
保湿をしっかりすることを決して忘れないでくださいね。

 

火照りが引いて黒くなったら、継続的に美白ケアをしてください。

 

これ以上紫外線を浴びないように、
『紫外線対策』も怠らないようにしましょう。

 

日焼け後のスキンケアにおすすめの化粧品を
下記に紹介していますので、参考にしてみてください。


皮膚科でもらう薬「ハイドロキノン」配合の肌を白くする化粧品はどれ?

透き通るような白い肌は、女性の憧れですよね。

色素沈着やしみ、くすんでしまったお肌は老けて見えますし、
相手に疲れた印象を与えてしまいます。

肌を白くしたいな、と思ったとき、
一番最初に思い付くのは『美白化粧品』の使用だと思います。

最近では、実にたくさんの種類の美白化粧品が売られていますよね。
どれを選べば良いのか迷ってしまうと思います。

色素沈着やくすみのあるお肌をキレイな白い肌にするのは、とても大変です。

今以上の色素沈着を防ぎ、なおかつ規則正しい生活や
適度な運動などで新陳代謝を促進する必要があります。

では、『簡単に』肌を白くする方法はあるのでしょうか。
基本的に肌を白くする方法には、即効性のないものがほとんどです。

その中でも比較的早く効果が出て、
なおかつ手間がかからないものを紹介しますね。

それはずばり『ハイドロキノン』という成分です。
聞いたことがある人もいるのではないのでしょうか。

ハイドロキノンは『肌の漂白剤』とも呼ばれています。
強い漂白作用があるため、簡単に肌を白くすることができます。

しかしハイドロキノンは肌を白くする効果は非常に高いのですが、
とても強い成分であるため、
肌の弱い人や敏感肌の人には刺激となってしまう可能性があります。

ハイドロキノンはその成分の強さから、
皮膚科など限られた場所でしか手にいれることは出来ません。

化粧品に関しては、低濃度のものが売られています。

口コミで評判の良いものだと、
『ビーグレン』にハイドロキノンが配合されています。



初めて使うときは、サンプルやトライアルセットなどで
試してみると失敗しなくて済むでしょう。

返金保証があるものであれば、肌に合わない化粧品を
買って失敗したという心配もなくなります。

その点、ビーグレンは365日返金保証付なので
1年間たっぷり試せます。

口コミでも「想像以上の美白効果にビックリ!」という
リピーターの多い美白化粧品なんですよ。

もし肌を白くしたいと思っているのでしたら
トライアルセットでその効果を試してみてはいかがでしょうか?